歯科で矯正をしたいと思う理由は人によって違います。どんな時があるのか書いてみることにしましょう。

矯正治療をしてみて思ったこと
矯正治療をしてみて思ったこと

歯科で矯正をしたいと思う時

私が歯科で矯正をしてみたと思うようになった理由は、両方に八重歯があるからです。
子どもの頃は男子たちに牙があるように見えたらしく、ドラキュラと言われたことがあります。あまり気にしないようにしていましたが、八重歯があると何かと邪魔に思うことも出てきました。笑った時にも邪魔ですし、下唇に当たって下唇が痛いと思ってしまうこともあります。歯並びが悪く見えてしまうという点もちょっと困っています。実際に私は全体的に歯並びが悪いようです。
歯並びが悪かったり、噛み合わせが悪かったりすると顔の形も歪んできてしまうと言われていることもあり、やはりここは思い切って歯科で矯正をしてもらった方がいいのかもしれないと最近特に思うようになってきました。

ところが、私が不快に思っていた八重歯が今はとてもブームになっています。八重歯のある女の子は笑うと可愛らしく見えるというのです。
たしかにチャームポイントととなることはあります。あまりにもブームになってしまったことで、八重歯をわざわざ付けたいと願う女子も増えてきたと言われています。こういったブームによって、歯科での矯正をもう少しじっくりと考えてみようかと思うようにもなってきました。歯並びが悪いと何かと支障が出るという理由から歯科での矯正を考えていた私ですが、せっかくある八重歯が愛おしくも思えてきたのです。
ないものねだりというものもあるのかもしれませんが、生活に支障が出るほどになってしまったらということで矯正は検討し直そうかと考えているところです。

お役立ち情報

Copyright (C)2017矯正治療をしてみて思ったこと.All rights reserved.