自分が矯正治療を受けた歯科で、母親が親知らずを抜きました。数日間痛そうでした。薬を飲んでいます

矯正治療をしてみて思ったこと
矯正治療をしてみて思ったこと

矯正治療を受けた歯科に行った母。

数週間前、一緒に生活をしている母親が、親知らずが痛い、と言っていました。歯が痛いと会話をすることを楽しむこともできませんし、また家事を行うことも大変だと思うのです。
この時母親は、お食事を頂く時も大変そうでした。ある日父親が車で母親を歯科に連れて行ってくれました。この歯科の駐車場が狭いので、母親は自分の車を利用せずに父親に送ってもらったのです。
母親が診察と治療をしてもらった歯科に通っていたことがあります。この歯科で、自分は矯正治療を受けていました。中学生、また高校生の時に、この歯科で歯並びを矯正してもらうことができました。この時のことを、数日前に母親と話しました。この歯科の医師の方やたくさんの看護師さんに、長期間お世話になっていたのです。

母親はこの歯科に今でも定期的に通っています。数日前は、痛みを感じていた親知らずを抜きました。この時も、父親が車で歯科まで送ってくれました。この歯科は自宅から比較的近い場所にあります。雪がたくさん積もっている日でした。父親は一度帰宅しました。母親の診察が終わるまで、自宅で待機していたのです。
母親から電話がかかってきてから、父親は車で母親を迎えに行きました。この日帰宅した母親は、ほとんど会話をすることができませんでした。また、父親が作ってくれたおかゆを、ゆっくりと食べていました。歯科でもらった薬を飲んでいました。数日間とても痛そうでした。母親の様子を見ながら、矯正治療を受けていたことを思い出しました。

お役立ち情報

Copyright (C)2017矯正治療をしてみて思ったこと.All rights reserved.