小学校高学年から4年間、矯正のために歯科に通いました。お金も時間もかかる矯正。慎重に選んだほうがいいですよ。

矯正治療をしてみて思ったこと
矯正治療をしてみて思ったこと

矯正はお金も時間もかかるので歯科選びは慎重に。

私の母親は歯が弱く、子どもを産んだ30代後半から歯が抜け始めて、入れ歯になりました。その原因は、母が子どものころから歯並びが悪く、虫歯になりがちだったこともあるだろうと考えていました。娘である私も歯並びが悪かったので、歯が全て大人の歯に生え変わった小学校高学年から、歯科医に連れていかれ、矯正をすることになりました。当時6年生だった私は矯正というものがよくわからず、歯並びについてもなんの疑問も持っていなかったので、言われるがままにブリッジをつけて、あごの矯正をするために夜は矯正装具をつけて寝ました。あの頃の矯正ブリッジは銀色で目立ったので、中学校になると嫌でたまりませんでした。歯も痛いし、口内炎はできるし、歯磨きも時間をかけないとかすがたまります。ブリッジがとれるまで3年間かかりました。

矯正期間が3年あり、ブリッジがとれてからも1年は歯科に通いました。長いほうなのかしら。おかげで、あれから20年経ちますが、いまでも歯並びはきれいなままです。
矯正もきちんとやらないと、すぐに元に戻ってしまうといいますが、私が通った歯科はしっかりやってくれたようです。
虫歯になることも少なくなり、歯並びを気にしなくてもよいので、当時はつらかったけれど、いまは母親の判断に感謝しています。矯正はお金も時間もかかるので、歯科を選ぶときは慎重にするのがいいと思います。腕のいい歯科で、相談に乗ってくれる先生がいると一番いいですよね。

お役立ち情報

Copyright (C)2017矯正治療をしてみて思ったこと.All rights reserved.